犬のふり日記

読書・映画感想文 古本・マンガ・音楽 TOEICの勉強日記などです

おもしろかった本 2016

2016年もそろそろ終わり。今年もたくさん本が読めてよかった。いろいろ読んだなかで、心の針が振れたり、これは、と思った本を紹介したいと思います。

 

f:id:inunohuri:20161227233447j:plain

荻原魚雷「借家と古本」

いきなりちょっとマニアックな本の紹介からですが、私が今年もっとも読み返した本がこれなのです。

苦しいとき、落ち込んだときはたいてい魚雷さんの文章を読んで元気をもらっています。

読んでいると自然に身体の力が抜けていくような感じがするのです。

 

一日中部屋に閉じこもって布団の中でゴロゴロと本なんか読むような生活をしている。

それはそれでときどき情けない気分になる。

なにもしていないと不安とかやきもちとか恨みつらみといったマイナスな感情におそわれやすく、気持もうまくきりかえられない。だからひたすら本を読むことで現実逃避。でもこうした無為の日々は決して悪くないとおもう。別に世の中の変化についていかなくてもどうにかなる。「まあ、人は人」というひらきなおりは、現代人にとって大事な能力ではないかとおもうのである。

(蛇行と直行)

 

清野とおる「そのおこだわり、俺にもくれよ」

漫画です。作者の清野さんは赤羽を舞台にした「東京都北区赤羽」で有名な漫画家さんですが、この「おこだわり」漫画はそれを超えるくらいの勢いで傑作でした…

 

酔狂市街戦

酔狂市街戦

 

戌井昭人「酔狂市街戦」

愛すべき駄目人間という感じで、だらしないんだけど憎めないキャラクターがたくさんでてきます。戌井さんは新作出るたびに必ずチェックしてます。

 

予告された殺人の記録 (新潮文庫)

予告された殺人の記録 (新潮文庫)

 

ガルシア・マルケス「予告された殺人の記録」

ノーベル文学賞受賞。マルケスを初めて読むならこれが薄くておすすめ。もっと堅苦しいのかと思ったけど、ユーモラスな文章で死に際のラストとか最高だった。

 

ぢるぢる旅行記 (総集編)

ぢるぢる旅行記 (総集編)

 

ねこぢる「ぢるぢる旅行記」

いつかインドに行きたいなと思ってて、とりあえずインド関係の本でも読むかあ、と軽い気持ちで手に取ったのがこれ。マリファナ入りヨーグルトドリンクでぶっ飛んだり、ニセモノのガネーシャ像つかまされたり…結果的にこれ読んだらインド行ったような気になってしまって、めっちゃコスパ良いなと思いました。

 

報われない人間は永遠に報われない

報われない人間は永遠に報われない

 

李龍徳「報われない人間は永遠に報われない」

デビュー作の「死にたくなったら電話して」が自分の中の狭いスポットにクリーンヒットしたので、こちらも読んでみた。「死にたくなったら〜」ほどの激しさはないものの、この作家にしか描けない世界だな、と感じました。

 

 いましろたかし「引き潮」

帯文を坂本慎太郎が書いていたので、気になってネットのフリマアプリで購入。一つ一つの話は短いのだけど全部心にズシンとくる。といっても、重いことが描かれているわけじゃなくて、行間から漂う悲哀と、独特の間と、突き放すような終わり方が逆に余韻になって…説明が難しい(笑)

 

 

20代で隠居 週休5日の快適生活

20代で隠居 週休5日の快適生活

 

大原扁理「20代で隠居」

「隠居」って仙人みたいでかっこいいな、と前から思っていたのでアマゾンで偶然見つけたとき、なんとなくポチりました。隠居っていっても、なんか修行僧みたいな厳しい感じじゃなくて、自分の感覚を大事にしていこうみたいな本で、「こんな生き方があるんだ」って、すごい気がラクになりました。

 

 

来年も面白い本に出会えますように。