犬のふり日記

読書・映画感想文 古本・マンガ・音楽 TOEICの勉強日記などです

生きててしんどいと思ったら

ここ最近、生きててしんどかったのですが、いろいろな本を読んでみると、すぐ実行できるようなことが書いてあって、とりあえず試してみてよかったものを紹介します。

 

1.周りのモノを減らす(捨てる

 

これの効果は絶大でした。
まず、モノが減ると探す必要がなくなります。これによるストレス軽減効果は計り知れない。人間は視覚からの影響をものすごい受けるので、きちんと整頓された部屋にいれば気持ちも落ち着きます。また、モノが減ると、探したり悩んだりする時間が減るので、その分、自分にかける時間が増え、精神面が充実し、幸福度が上がります。

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~

必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~

 

捨てられない人はこういう本を読むのがおすすめです。

 

2.自分ルールを決める

 

ひとって実は1日に6万回くらい物事を考えているそうです。ネットサーフィンだと履歴が残るからいろんなところに思考が漂っているのがわかるけど、心の中は履歴がないから意識されないだけだそうです。そんだけ考えてれば1日が終わったあと、脳が疲弊しきってるのは当然です。
人間は生活の中で決断する回数が多いと、自分をコントロールしたり、集中したりする力がどんどん減っていきます。
だから自分なりの基準を持って決断の回数を減らすべきなのです。例えば食事なんかもあらかじめ何食べるか決めておけば、無駄に悩まない。イチローは基本食事はカレーで、決断はしないそうです。
「いかに物事を決めずにルールに従って暮らすか」が大事で、迷わないためにルールを決めるとストレスが少なく暮らせるのです。

 

3.本を読む

 

本を読むことで人は成長できると思います。
知らない世界と出会ったり、自分にはない考えを取り入れたいと思ったときに、最も安価で手軽にできる方法は読書以外ありえないと思います。
今の自分は、今までの自分の考えや判断の積み重ねから成っています。ということは、自分自身の考え方(判断の枠組み)を変えれば、未来の自分の人生を変えることができます。

 

4.しないことリストをつくる

 

何をやるか、よりも「何をやらないか」が重要だったりします。
時間はお金よりも大事です。自分の時間を確保するためには、「これは自分ではやらない」とか「この部分は捨てる」っていうのを自分の中で明確化しておくと良い。(さっきの「自分ルール」にも通じるところです)
例えば、「テレビは一切見ない」とか「コンビニで飲み物は買わない」とか、「飲み会は月2回以上は行かない」「車は持たない」とかです。

しないことリスト

しないことリスト


5.見た目に気をつかう

 

アメリカの心理学者メラビアンによると、
ひとが他人に影響を及ぼす割合は、
話す内容が7%
口調など聴覚情報が38%
見た目など視覚情報が55%(→半分以上見た目‼︎)
の割合になるのだそうです。
一番大事そうな話の内容は、実は相手にほとんど届いていないのです。
逆にいえば、「見た目、しぐさ、声」を磨けば、第一印象の93%は高得点が取れるのだそうです。
自分もイケメンに生まれていれば…と思いましたが、こればっかりはしょうがないので(笑)せめて良いスーツに身を包んでみたり、なるべく清潔感のある装いをしてます。


最近つらいぜ〜という方は以上のどれか一つでもためしてみてほしいです。それで何かが良い方向に変われば良いなと思います。