犬のふり日記

読書・映画感想文 古本・マンガ・音楽 TOEICの勉強日記などです

ヨッピーの「明日クビになっても大丈夫!」をよんだ

どうも、本を読んだのでレビューです。

 

私は今年から社会人として、ある会社で働いているのですが「まあほんとに辞めたいな」と思っております。辞めたい理由としては、まず「自分の時間がほんとに無くなる」ということでしょうか。大学生のときは気付かなかったけど、週5勤務になって初めて「時間」の大切さ、ありがたみが実感できるようになった。

 

「明日クビになっても大丈夫」なのか。この本を読んで大丈夫そうなら、会社やめちゃうぞ~と思って読んだんだけど、そんなに甘いことは書いてなかったです、やはり。

 

話をまとめると、「会社辞めたーい」って思って辞めたからって、新しく入った会社で自分が不満に思っていること(自分だったら「自分の時間がなくなること」)が改善される保証はない。だったら積極的にやめる必要なくねっ?ってことだ。

これには自分も確かに同意見で、せっかく社会人にもなれたわけだし、正社員としてのメリット(福利厚生や社会的な信用など)はおいしいし、失いたくない。

 

そこで、ヨッピーさんが提唱しているのが「会社に勤めながら、何か他のことをしよう」というものである。自分の好きなことを休日とかに突き詰めてやってみる。そうするとそれがどんどん楽しくなってきて、そのやっている趣味みたいなことが「お金」を生むようになったとき「好きなことが仕事」になる。

つまり「会社辞めたい」ってひとは、ちょっと踏みとどまって「副業」になりそうなものを探してみたら?という感じか。

 

う~ん、確かに魅力的な話ではあるけれども、そんなにうまくいくものだろうか…。

 

そういえば、好きなものが見つからない人に向けて書かれていた「好きなものの見つけ方」はシンプルだけど、ためになった。

簡単に言うと、好きなものが見つからない人も「やってみたいこと」とか「興味があること」は絶対にあるはずで、だけどほとんどの人がなんとなく「やってみたい」と思っているだけで、全然実行に移していない。だから、とにかく紙に自分のやってみたいことを、思いつく限り(ライブ行きたいとか、バフンウニ食べたいとか)50個くらい書きまくってそれを上から順に実行していけば、そのうち「これだ!」ってものが見つかるってやつ。おれは毎週休日にひとつずつ試してみようかなと思ってます。

 

最後に会社を辞めて良い3つの条件

1.会社に勤めながら副業で月10万の収入

2.1年間無職でも生活できるだけの貯金(300万くらい)

3.身軽なこと(車とか家賃とかでコストをかけない)

 

いまたぶん3の条件はもう満たしていて、2はいま自動積立で毎月給与から天引きで貯金しているので、あと3~4年くらいしたら貯まりそうだ。

1が一番きついけれど、なんか自分にあった「副業」を見つけたいな。

とりあえず、株とか投資とかお金に対しての教養がまったくないので、そういう本をちょっと読んでいこうかな。

 

おつかれっす。

 

 

明日クビになっても大丈夫! (幻冬舎単行本)

明日クビになっても大丈夫! (幻冬舎単行本)